今年も勝てなかった!!

今年も勝てなかった!!

入居してから戦い続けている存在、カビ

私の現在の住居は設備はいいのだがぶっちゃけ日当たりがあんまりよくないのと、角部屋ではめ殺しの窓があるせいで、湿気が大敵のお部屋だ。
そんでもって悲しいことに、私は実家住まい→地方の広めなアパート→現在の都内1Kという引っ越しをした…
つまり良くも悪くも今までは広いお家にいたので、狭いお家にとっての湿気の恐ろしさに気づいたのは現在の住居になってからである。

具体的に言うと、入居した初年度の梅雨の時期に部屋中をカビさせた。
それはもう心が死ぬ思いをした。
ふっと目を家具に写した瞬間、昨日まで何もなかったはずのところに奴らは突然牙を向きやがる。
なんだこのぬ〜べ〜のアニメのOPみたいな感覚は。

更に言うと私は集合恐怖症の気があるので、見ただけで鳥肌が止まらないし嫌悪感倍プッシュだ。
それ以来、私は部屋をカビさせない為に重曹を置いたり、換気を気をつけたり、気がついたらカビについても少し詳しくなったのだけれど、
今年もーーーーー!!!!!結局カビさせてしまった!!!!!!!

 

恐らくはお前自身がもうだめだ。

今年カビたのはクローゼットの中のカラーボックス。
こいつは毎年カビているのでもう多分カラーボックスに使用されている木の根っこのカビ菌を殺せていないのだろうと思う。
就職したらまずカラーボックスを新調してやる。決めた。
カビとの苦い経験を明日の糧に変えて私は生きる。
大げさに聞こえるかもしれないけれど、そのくらいくやしい思いを今私はしている。

なにせクローゼットはこの一年間開けっ放しなのだ。
綺麗に片付けして(枕棚はさすがに届かないので雑だけど)、人様が家に来ても閉めなくていいようにしていた。
クローゼットなのにクローズしないでフルオープンしてたのにこのザマだよ!くそ無様!
ついでに部屋もカビやGが嫌すぎるので定期的に掃除しているし、何かとアルコール消毒もよくしていた…していたんだ……。

…しかし夏を乗り越えて油断していた…クローゼットに最近重曹を仕掛けていなかった…。悔やんでも悔やみきれねぇ…。

 

つらい経験は他には生きている。

幸い、今回はカラーボックス以外にカビた箇所はない様子。
不幸中の幸いと言っていいのかわからないが、カビが家に生えたことによって得た知識や習慣があるのも事実。

まず意外にカビやすいのがトイレ。
恐らくは部屋全体が湿気が多いから、水が多く換気の悪いトイレもカビやすいのだと思う。トイレの蓋は絶対に開けっ放しにしてはいけない。誰もいなければドアは少し開けておく。ドアが開いてると電気の消し忘れも気付きやすくなるぞ(ADHD対策)

基本的にカビを殺すにはエタノールが有効だ。
エタノールはアルコールのより濃度が高いもののことで、消毒用として薬局なんかで売られている。
ただしエタノールは木製品によっては吹きかけた部分が白く変色してしまうことがあるので、賃貸の床とかの場合は注意が必要。檜はまじ白くなる。
ちなみに木製製品取り扱い会社勤務からのガチトリビアだけど、カビ時以外の木製品のお手入れは乾拭きが基本、汚れたら中性洗剤(台所洗剤とか)がおすすめだ。

それから、カビが生えた初年度以降は重曹を部屋に置いて定期的に交換をしていた。
ちょうどぼちぼちそのネタを、と思っていたけれど、重曹と酢でお風呂を掃除するとピンクカビが一ヶ月くらい予防できるので、湿気った重曹は基本風呂掃除に使っている。

おかげでお風呂も基本フルオープンできる程度にいつも綺麗だ。
ついでのお掃除、って感じでキッチン周りもよく綺麗にしている。一般的に片付けができないと言われているADHD持ちの私が、その状態を保てていたのだ。

……今回のカビがどれだけ辛いのが、お判り頂けるだろうか。

 

賃貸契約書見直してもカビは免責事項だったので文句が言えないのがまた辛い。
もし次引っ越す機会があれば全力で日当たりと通気、免責事項のあたりを念入りに確認すると思う。

とりあえず今から、カビ滅殺してくる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です