過集中にやられ始めている

過集中にやられ始めている

発達障害の諸刃の剣 過集中

最近は作業を止めていた動画作成の趣味に手を出しています。
もう単純作業のひたすらに繰り返しなんだけど、これが楽しい楽しい。
楽しいのになぜ止めていたかというと、160枚分くらい作成した動画の元画像のアスペクト比が動画化するに当たってずれていたから再配置になったせい。さすがに凹んだ。
おかげさまで作成を始めてから1年近く経とうとしているけど、いざ始めるとめっちゃくちゃ楽しくて時間を忘れる。

そう、時間を忘れて作業に集中してしまう過集中という性質を発達障害の人は持っていることが多い。
こういう作業的なことをやるにあたってはすごく頼もしい反面、気がつくと深夜近くなってて慌てて寝ようとしても寝られなかったり、ご飯を食べてなくてしんどくなってしまったり。
まだなにがしかの形に残るこういう趣味の作業ならいいんだけれど、ネサフに集中してしまうともう1日をすごい無駄にした気持ちになるよねー!

 

本日はやらかしました&頑張りました。

そんな過集中をしてしまっていたらですね、昨日も寝る時間が遅くなってしまいましてね。
病院のグループワーク予約したのにサボっちまった。
気候が涼しくなって自然に目が覚めることが少なくなってきたからこそのこのトラップですよ。
就活するにあたって、趣味をやりつつ、ちゃんと生活できるようにと思ってあえて予約したのにやっちまったよ…。

まぁそんな日もあるよねー!と気持ちを切り替えて、
障害者枠での雇用の職安みたいなとこに登録して、本日はその面談電話みたいなことをやりました。
事前にこの時間にくるってわかってるものってなんでこんなに?ってくらい緊張する。
私は仕事中の電話はいくらでも出れるけどプライベートの電話は死ぬほど苦手です。
過去のブラック勤務の影響ですな。
だから、今日はその中間くらいの電話ということで精神をやや摩耗させながら頑張りました。

向こうもお仕事なので当たり前なのですが、まぁ普通にお話をして、今後のお話をして終わり。
一応自分で登録したサイトで求人を探していく以外にも、本日のお電話で話した内容を元に向こうで資料を作成し、条件の合いそうな求人があれば会社側にお声かけをしてくださるとのこと。
多分今の業務が能力的に厳しいものが多かったから、マシになると思うんだけど、早めに希望に近い求人と巡りあえるといいな。

 

いろいろ不安はあるけど、まぁ動いてみるしかないし

とりあえずサイトで見れる求人を調べてみたんですが、まず候補に今の職場の取引先があってちょっと笑った。
しかし、分かってはいたけど給与の金額がとても低い。
電話面談では手取りが生活ギリギリなので同等かそれ以上の金額を希望する旨を伝えてはおりますが、自分で探す求人のレベルだと本当に低い。
まだそんなに見れてないけど、時給1000円とかの契約社員が平均的なところかなぁって感じです。
その分考慮してくれるものがあるのだと思いますが。
ちゃんと給与が高いのもあるけど、経験や知識が必須のものが多く…これは普通の転職においても同じだけれど、もっと勉強しておきゃーよかった!と思うものは本当に多いよね…。あと職種ね…経理とか人事って過去に同経験があったりするのが前提の求人本当に多い。

私は今まで一般枠で働き続けてきてはいるので、指示の出してもらい方であったり職務内容が違えば一般枠でも働けるんじゃないかと思っている。
ただ、そういった事前の配慮を求めるのであれば障害者枠で探したほうがいいよ、とお医者さんに言われたのでそうしています。
なので、給与面なんかはできれば上がるか、同じであっても休暇がちゃんと多いとか、そういうところは休職期間が終わるまでは妥協せずに探したいと思います。お金の余裕は心の余裕!

 

人生密度を濃密ホイップにしていこ。

見方を変えると、一般枠と障害者枠のどっちも経験できるって人生密度濃くていいよね。
今までで出会った人の中でこの人の密度やべえなーと思ったのは、水商売経験時の貯金で年に何回も海外旅行行きつつ夏コミ冬コミにも参加するらしい現エステティシャンさんです。
商売人と客の関係なので詳しく聞けなかったけど、同年代程度に見えたから実に密度が濃い。そしてコミュ力がさすがの一言であった。

まぁ、生来の気質が変化とか冒険をしたがらないので、そんなに密度をそこまでいろいろできるようになるとは思えないんだけど、人の気持ちを想像することが苦手なら、自分が実際にいろいろな立ち位置に立ってみればいいんでないかな、と思うようになったので、そういう意味だとどういう就職先になったとしても分かる範囲が増えていいのかな、と思う。

ってことで、今後も無理なく続けて参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です