蝶の標本気分味わってきた

蝶の標本気分味わってきた

訳:また鍼灸院に行ってきました

前回行った時から劇的な回復というのは正直なかったんだけど、
元々外を歩かずに大気が安定しててくれれば、そんなに体調不良は起こさずに済むようになっていたので、とりあえず何事も続けてみないと、という気持ちで行ってきました。

前回は触診の際に、自律神経…つまり交感神経と副交感神経が通る首から背骨にかけてが、えっっらいゴリゴリされたので、私このコリやばいな!!?と思った。
それ以降体幹トレーニングを始めたことを話したら、やっぱり少しましになっていたようで、成果はそれなりにちゃんと出ていたようでなにより。
ただ首・肩はまだえっらい凝っている状態なので、今日は頭と首に多めに刺しましょうってなった。

 

みんなのトラウマを思い出した。

頭に針って言われて、ついうっかりハンターハンターのポックルを思い出しましたが、
首筋から後頭部に向かって刺す感じだったので、趣はだいぶ違いました(そらそうだ)

背中の筋がよくなってきたので、あとは後頭部から肩にかけてがうまくいけば改善できるかもしれません、とのこと。
はい、今後も体幹トレーニング続けさせていただきます。
それからやっぱり有酸素運動も大事です、ってことだったので、大気が安定してくれる日はウォーキングかジョギングに行きたいなと思う。
昨日もそうだけど最近ゲリラ雷雨が激しすぎやしませんか…。

体幹トレーニングしてて思ったけど、肩や首まわりのケアってやっぱり自分ではやりにくいので、うーん、こういう鍼灸とか整体とかを定期的に通うしかないのかなぁって思ったり。
同時に、こんだけお金かけて自分の体の健康考えてるので、治ってきたらこの経験を知識として何かの役に立てればもっといいんだけどなぁと思いました。
健康という資本金増やしたい。

 

睡眠がうまくとれないのも原因かも

針灸院の先生いわく、針治療受けると最初は交感神経が活発になり、次に副交感神経が活発になるので、次の日はだるかったり眠くなりやすかったりするらしい。
前回は確かに眠かった気がしたけど、わりと普通に起きれたことを説明。

心療内科の先生から睡眠薬ももらっていることも話したら、針治療と睡眠薬だったら普通昼まで寝ててもおかしくないとのこと。
ってことは5時6時に起きちゃう私は今、ある意味睡眠障害ってことですね???
心療内科の先生はひたすら7時間寝なさい、と言ってるし、眠りの時間が一番ストレスがかからない、と言っていたので、最近の起きて運動してまた寝るって習慣がいいのかを相談しつつ、睡眠薬では眠れないってことをしっかり話していこうと思う。
この調子で健康体に戻りたいな〜〜

 

今後考えていること

今読んでいる、発達障害の本がまたあったりするのですが、これがすごくわかりやすくて具体的でいい!!と思っています。
読み終えたらまた記事にしますが、書いてあった中には、心と体からでる不調のサインに早めに気づいてあげられるようになることと、そのときのストレス解消法を自分でいくつか持っておくってことが必要とありました。
そのサインを無視し続けた(せざるをえなかった)結果がこれだから、今後はもっと体と心のこと大切にしてあげたいと思います。

自律神経の何がやばいって、普通の風邪みたいに目に見える形で体調不調が起きない上に、今までに経験したことのないような謎の感覚に襲われるから、人にうまく説明できないこと。
「急にしぱしぱってなって、さぁーって頭からなんか抜けてたまに痺れるンすよ!!」
みたいな語彙死んだ説明になってしまう。

もうほんと、こんな状況さっさと抜け出すためにも、運動と通院と、自分でできることはガンガン頑張っていきたいと思います。
えいえいおー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です