仕事について、今までとこれから

仕事について、今までとこれから

 

得意なことを仕事にできればいいのに。

発達障害と診断された人にとって、人生を一番左右する問題って職業だと思うんだよね。
実際、就職してマルチタスクするようになってから私はそれがドチャクソに苦手だって分かったし、パソコンみたいな人の感情とかニュアンスが入らないものの情報のほうは覚えが早いのに、肝心の商品知識が覚えられなかったり。
そういう辛いことを経験して、うつ病になって、人と理解力の差を目の当たりにして、やっと自分が発達障害なんじゃないかって明確な疑念になった。
となると、苦手な仕事はやっぱり避けたい、得意なことなら爆発的な力を発揮できるんだもの、可能なら、それになりたい。

でも、現実にはなかなかうまくいかない。
大変なのは、発達障害の人は大抵コミュニケーションが苦手で突発的な対応に弱い傾向にあるから、いわゆる営業とか接客みたいなのは本来向いてないんだけど、そうすると正社員勤めがすごくハードル高くなってしまうこと。
自分の得意ことで勝負するフリーランスも、今ならちゃんとした仕事の選択肢に入って来る時代にはなってきたけど、うつ病なんかの精神疾患があると、その一歩の勇気ってすごく難しい。本来得意であるはずのこと、実際得意なことを、自信を持ってプロデュースできるような精神状態にないことが多くて、
やっぱりどっちにしろ周囲の手助けが必要になってしまうなぁと思う。

 

得意なこと、考えてみたんだ。

とにかく客観的に自分を分析すると、こうやって休職中とはいえ毎日ブログ書くことができているのだから、私は文章を書くこと、考えることには抵抗のない人間なんだと思う。
それから、コツコツとアンケートポイントサイトで小学生のお小遣い程度の金額を稼ぎ始めて一年経ったから、一回習慣になれば、コツコツやることは難しいことではないみたい。

こんな風に、自分の普段の行動を順番に書き出してみて、まずは何がやりやすいのか、続けやすいのか、を考えることから初めてみた。

次は人からの意見。
私自身が信じられなくても、「他人が3人以上言ったらそれを信用する」、みたいな具体的な考え方をしてみた。
そうすると、私は
「優しい」「人が良さそう」「真面目」「頭の回転がはやい」「接客業向いてる」「話しかけても邪険にしなそう」

外見意見をとばすと、こんな感じになった。
ほとんど対人技能じゃん

 

今までの仕事を思い出してみた。

突発的な出来事の少ない接客業…たとえば、高校のときみたいなファーストフードのバイトは、厨房やるとマルチタスクになるけど、レジ接客だけなら決まった商品を選んでもらって復唱、おすすめができたらする、準備したものがあっているか確認する、という少ない工程で、クレームのとき以外は突発的な対応が案外と少ない。
クレームにしたって、作るのが遅すぎるとか、違うものが入ってたとかが大半だから、パニックを起こすような前例のないことは起きにくい。

逆に、今やっている受付…兼ショールームのスタッフなんだけど、お客様からありとあらゆる相談、質問、クレームがやってくるので、対応に臨機応変さが必要になる。
3年で少し慣れたって感じだったけど、これが自分にとって負荷のかかる仕事だから、他の人間関係とかでバランスが崩れたり、側からみたら対応がしっかりしてるからほっといて大丈夫そうと投げられてしまいがちで、そうなると一気に体調まで悪化させちゃうんだな、と分かってきた。

昔面接で事務員を受けたら、あなた接客業のが向いてるからそっちやりなさいよって落とされたこともある。逆に電話対応スタッフ含む接客業の面接はほぼ落ちたことがない。
だから、まぁ逆にいえば転職してもすぐにまた就職自体はなんとかなるだろうと思う。

重要なのは、いかに自分にとって負担のかからない接客業をしていくかだ。

 

白魔術師でも目指してみようかな

基本お願いされたら断れないし、それで喜んでもらえたら心から嬉しい。
私はアロマも趣味で、今はタロット占いも練習している。
今のところリア友以外には、DMでのご連絡を2件ほど占ってる(1件はまだ経過途中ですが)けど、こんな怪しげな女のサイトとかツイッターみて連絡するって勇気を出した人たちだから、できるだけ幸せな結果が出て欲しいって思って占ってる。
望んでることに近い効能のアロマ嗅ぎながら占ったりね。
どうにも私は情が湧きやすくて、情を湧かせると尽くしてしまうから余計に疲れてしまうようだ。
そんな気質は、私には当然なんだけど、他の人にはあまり当然なことではないらしい。
だから、占いは疲れすぎない程度なら、結構あってるんじゃないかなって思ってる。
DM占いは時間かかるけど、お互いに感情的になりすぎないから結構いいなぁと思ってたり。
それから、直接接客する仕事で、今考えてるのがちょっとある。体をケアする感じ系で。
どっちも職にできるかまではわからないけど、少なくとも私に関わってくれた人が、よかった!って少しでも思ってもらえる仕事に就きたい。

それって「つまり白魔術師じゃね?」と冗談半分、本気半分思ったりした。

 

対人技能極振り?なら突き抜けてやんよ

占い始めた当初はそんな思考なかったから自分で自分の伏線に驚いているけど、占いも対人技能必須のものだよね。柔らかな言い回しにしたりとか。
この休職期間中は、体調回復を最優先にするのか今まで通り変わらないけど、対人マナー系の資格とか、セラピストとかFPとか、そういう知識をググるくらいはしていってもいいんじゃないかなって思えてきた。

今より手取り増やせたら余裕もできるから、もっと勉強に使える時間も増える。それこそアロマ検定とか、パーソナルカラー診断とか、人にすごく喜ばれそう。自分にもうれしい特技になるし。

なんというか、会社というフィルターを通して私が接客すると、会社の顔としての意識がガチガチにさせてしまうし、相手も企業に対する怒りと私に対する怒りをごっちゃごちゃにしてくる。
ので、できれば私として接客できる分野のほうがいいんじゃないかなって思ったんだ。

まぁ、そんな感じで。整理していたら、こうなりたいなっていうことや、これ勉強したほうがいいのかなってことが明確になってきた。
今までは、接客経験がいくらあっても、手に職持つには難しいって思っていたけど、
見える化したら、接客に使えそうな資格っていう具体的なものが出てきたね。それが身につけられたら、少しは自分に自信も持てそう。

他人を幸せにしながら、自分はもっと幸せに!
そうなれるように今日も頑張りまッショーーーイどっこらしょ!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“仕事について、今までとこれから” に1件のコメントがあります