自己肯定感と占いの話

自己肯定感と占いの話

 

タロットは必修科目

実は少し前から、タロット占いに興味を持っている。
職場で本格的に占いの勉強をされている方がいて、ちょっとした相談がてら占いをお願いしてみたのだ。
その方が持っていたタロットがめっちゃんこ可愛い猫の絵柄で、その時の占い結果もなかなかによかったものだから、ついその日の帰りの電車でAmazonさんでポチった。
これぞまさしく衝動買い。

何と言っても、ジョジョ3部やペルソナ好き、ついでに遊戯王GX好きですんで、もう、カード自体の意味まではともかく、大アルカナは種類全部言えるぜ!ってくらい基本知識として頭に入ってたので、敷居が低かったっていうのもある。

タロットは大アルカナと小アルカナに別れているんだけど一般的に知られているのは主に大アルカナ。小アルカナまで含めると結構な種類があって、しかもそれにそれぞれ正位置と逆位置で違う意味があるんだから、覚えるのはなかなか難しい。
しかも不思議なことに、自分のことを占うと、なぜか同じカードがでることが多いのだ。
ヤッベェ、バカになんねぇ。そしてこれではカードの種類が覚えらんねぇ。
ということで、先日友人に練習占いの相手になって欲しいとお願いさせていただいた。

褒められるってやっぱり嬉しい。

結果として当たったか当たらなかったかまでは、結局その人の行動次第になる部分もあるんでよく分からんけど、「参考になった」「面白かった」「結構当たってる」とお言葉を頂戴できた。ありがたや。
これまでは私自身が何かに迷った時に使うくらいだったけど、こんな風に他人に喜んでもらえるのなら、もっと勉強したいって思った。
当たり前なんだけど、やっぱり褒められるって何かのモチベーションを上げるのにすごく重要なことなんだなぁと思った。
何より、いつもお世話になってばっかりの身なので、こんな曖昧なものであっても、何か返せるものがあるのが嬉しい。それと、自分は何にも返せるものがないと思っていたものだから、少しは返せたってことが嬉しい。

思い返すと、

仕事でも、「すごい」ってよく言われることがあったけど、あんまり嬉しくなかった。
向き不向きがあるものだからって頭で分かっていても、自分で簡単にできたことをすごいって言われても実感が湧かないし、それで仕事を増やされて体壊しちゃった身としては、もうそんな優秀とか思ってもらいたくないなぁ…と今は思ってしまう。
それから、褒め言葉は全然素直に受け止められないのに、「なんでできないの?」とか、そういうことは死ぬほど心に突き刺さって、自分は能力のないクズだと割と今でも本当に思う。だから、すごいって言われるのは、お世辞かもしくは勘違いだと思うって言いたかった。
結局いっつも同じ悩みにたどり着くけど、「頼りにされるってこと」を素直に受け止められるようになることと、できるけどしんどいことを頑張ることは「頼りにされる」に入れてはいけないって自戒するしかないんだなぁ。

まぁそんなわけで、給料とか評価とかが全然関係ない趣味の領域での褒め言葉ってだからこんなにも嬉しいんだなって実感した。

 

ここは俺の城だ!!好きにやらせてもらう!!

ってことで、これからは時々タロット占いも記事にしていこうと思います。
所詮練習中の素人なので、当たるも八卦当たらぬも八卦ですが、自分のブログでぐらい、気持ち悪いほど好きなことの話や、練習していることの話を出していこっと思った次第。

そう思って早速占ったら、船出を暗示するようなカードも出てくれたので、
頑張ってみよっかと思います!

興味のある方は今後もお付き合い頂ければ幸い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です