炎神戦隊ゴーオンジャー10YEARS GRANDPRIX観てきた

炎神戦隊ゴーオンジャー10YEARS GRANDPRIX観てきた

!注意!
この記事は他の記事以上に熱意が高く気持ち悪く長い上に作品のいいところ言ってるだけで、
普段の発達障害関係はカケラも関係がありません。
このブログを書いてる人がガチできもいオタク女だということしか分からない記事です。
題名作品のネタバレを含みます。
ので、ある意味閲覧注意。

 

 

おかえり、炎神戦隊ゴーオンジャー!

私がこの作品に出会ってからもう10年にもなってしまったのかと感慨深くなってしまう。
感慨深すぎて上映時間中ずっと泣いていた。笑いどころも泣きながら笑っていた。
ゴーオンジャーはお名前の通り、戦隊シリーズの10年前の作品。
私が特撮作品を好きになった切っ掛けは、その前年放送の仮面ライダー電王からだったけれど、本当の意味で好きになれたのは翌年にこのゴーオンジャーが面白すぎたおかげ。
戦隊ものはライダーに比べて年齢層低めに製作されているので、電王とかWとかみたいに1作品で映画を制作されることがほっとんどない。
なので、この10周年記念映画が制作されたことが、どれだけの人にこの作品が愛された物だったのかってことを表している。
クソ暑い上に平日の13時というすげー時間に観にいったのに、成人の観客が20人くらいいたのもある意味物凄いと思う。
ゴーオンジャーそのものもすごく面白くて素敵な作品だったけれど、本作品も本当に本当に素晴らしかった。
帰ってきてくれてありがとう、ゴーオンジャー!

 

そもそも話の構成がうまいんですよ

炎神戦隊ゴーオンジャーは、その前作品であるゲキレンジャーの反省を生かして生まれた作品だってどこかで見た。
ゲキレンジャーも面白かったのだけど、敵側のドラマと主人公達の成長が面白いという、わりと大人に向けた物語構成だった。
ゴーオンジャーは、そういう「面白いかもしれないけどチビッコには分かりにくい」要素を全部ぶっ飛ばした、勧善懲悪モノとして作られていた、らしい。

この作品でうまいのが、どうしてこちらが正義で相手が悪なのかをうまく描いてるところ。
勧善懲悪モノで最も有名なのは水戸黄門だと思うけれど、あれは世の中には悪いことしてる人がいて、正義の偉いお人がそれを懲らしめている。なんでその人が悪いことしてるのかは、よく分からない。まぁいちいち説明してられないので全然それでも問題ないのだけど。

ゴーオンジャーの敵はガイアークという別次元からやってきた機械生命体で、汚染環境でないと生きていけない存在。人間界を環境汚染して、自分達が住みやすい世界にするためにやってきた侵略者である。
つまり、人間とは種族として完全に共存不可能なので、戦うのに細かい理由がいらないのである。

そしてここでまた面白い効果が生まれるのだけれど、あくまでも共存不可能なだけなので、彼らは性根からの悪人じゃない。ガイアークは害気、害水、害地大臣の3人が主に種族をまとめあげている。
ガイアークという種族にとっては幹部怪人であるこの3人は英雄的存在で、自分達の種族の発展の為に頑張っているだけなのだ。
正義の反対は悪ではなく、また別の正義である、を体現する集団。だからこそ、真っ向からぶつかっていく。

 

ホワイト企業「ガイアーク」

そんな訳でガイアークの三大臣は、誰もが恐れる存在である必要がない。むしろ親しみがあって愛嬌があって、部下に優しい素敵な方々なのである。
話の中で、主人公のレッドがガイアークの怪人の精神が入れ替わってしまった回があるのだけれど、当然レッドはガイアークの下っ端怪人を攻撃しつつ、バレないようにも立ち回る。
そこで害地大臣様が、「どうして部下を攻撃するナリか!」と、戦隊を倒せなかったことじゃなくて味方を攻撃したことを叱責する。いい人かよ。
基本的にガイアークの三大臣は負けて戻ってきた怪人にも「見所はあったぞ」と優しい言葉をかけてくることが多い。理想の上司かよ。

更に物語の中ボス的存在のヒラメキメデスという害地副大臣。
最初は性格悪いフラグが立っていたものの、過去に自分の優秀さを認めない周囲に謀反を起こそうとしたその瞬間、害地大臣が、彼専用に設えた剣を贈ると共に、優秀さを讃え、副大臣に任命する。感激して絶対の忠誠を誓ったヒラメキメデス…それめっちゃ感動するやつやんけ。
しかも名前の通り、知将っぽい奴なのに、ゴーオンジャーに勝つ為に自分の得意な計算、つまり人格を捨ててでも害地大臣の為に勝ちたいと、自分に過剰なパワーアップを施してしまう。
言ってることが意味不明だけど、だからこそ動きが読めずに強いデタラメデスという存在になってしまう。ちょっともう辛いんですけど。

デタラメデスが倒されたあと、害地大臣は滅茶苦茶にショックを受け、喪に服しますとの書き置きを残し、その次の週登場しなかった。部下思い過ぎかよ。
もちろんあとの2人の大臣も、下っ端怪人からの労働環境改善の要望を受けて真剣に検討するなど理想の上司。
物語は、三大臣ではなく後から登場する総裏大臣という奴がラスボスになるのだけれど、総裏大臣が恐怖政治を強いる輩と分かって、我らの理想の政治ではないと反旗を翻し、ゴーオンジャーを守って死んでしまう。
もういい奴らすぎて涙が止まんねぇよ…
大学生時代の私は許されるならガイアークに就職したいと自分の論文に真面目に書いたことがあるくらい、ラブリーチャーミングな敵役なのだ。

 

車をモチーフにすると馬鹿になるって法則でもあるんでしょうか

対してゴーオンジャーはどうかというと。
もうお約束のように熱血漢で思いきりがよくて考えなしに体が動いちゃうような、バカだけどまさにレッドというようなレッドを筆頭に、
聡明で優しく毎週せっせとみんなにオムレツを作り作中公式でみんなのオカンと明言されたブルー、
天真爛漫で誰かが落ち込むと無理やりほっぺたを掴んでスマイルスマイル!と元気づけてくれるイエロー、
初登場で赤青黄の活躍を見て「かっこよすぎる…」という歴史に残る名言を放ち俺こそヒーローにふさわしいと偉そうに自分から売り込んできた元警察官のブラックと、
なんかノリでブラックと一緒に加入したフリーターでやたら女装の似合うグリーン

この5人が仲良くしっちゃかめっちゃかなやり取りをし、ほぼ毎週全力で振り切った顔芸も披露し、敵がきたら交戦するというのが基本構成。

↑死してなお幽霊として立ち塞がったヒラメキメデスもといウラメシメデス(最高の部下かよ)が出てきた回の顔芸。

追加戦士の金銀はちょっとマトモなものの、5人がボケボケなのでほだされてこいつらもわりとボケになる。
戦隊史上一番お馬鹿なのはカーレンジャーかゴーオンジャーと言われるくらい、修学旅行中の中学生と同じようなノリの集団である。かわいいかよ。
ただし、玩具の元となる乗り物の格好良さと名乗りの恰好良さ、それから実際の玩具売上は歴代でもかなりガチ。

炎神戦隊ゴーオンジャーはつまるところ、敵も味方も面白くて、なんにも難しいこと考えずに楽しめる、チビッコはもちろん、社会に疲れた大人にも優しい作品だったのだ。
そして、そんなお茶目なやり取りができる三大臣を無慈悲に扱った総裏大臣は、視聴者も倒してほしくなるという、本当の勧善懲悪物語になった。改めて思うとほんとよくできてるわぁ…。

 

という訳で10周年作品の話なのですけど

最高の一言に尽きた。
もう初っ端からマッハ全開で思い出を蘇らせてくる。なんせブラックの「かっこ悪すぎる…」から話が始まる。涙と笑いが同時に出るに決まってんだろこんなの!
シリアスかと思ったら次の瞬間にはギャグに化ける。あぁ、ゴーオンジャーだぁ……

作中でもしっかり10年の月日が経っている。世界は平和になって、ゴーオンジャーは何と逆にテロリストと思われてしまっている。前向きさが減ってしまった他メンツに比べ、レッドの演技があまりにも10年前と同じで、それだけで涙が出た。この何にも細かいこと考えてない熱苦しいレッドだからこそ、作品本編では強敵に勝てたんだよねぇ!
そして相変わらず彼らは、仲間の無様なギャグ姿は遠慮なく笑うし、敵の言った難しい言葉は間違えて覚えるのは基本。
10年経ってもノリが修学旅行中の中学生じゃねぇか!!!

でも置かれている状況はちゃんとシリアスで、今回の敵は敵なりに平和を語りかけてくる。
この平和は雑に言うと、フレッシュプリキュアとかガンダム種運命とかみたいなこと。
一度別次元の生命体からの侵略を受けた地球を完全に平和にするには、次元を誰も超えないバリアを張るしかない。内戦を防ぐにはみんな平等(敵と同族)になるしかない。
かつて侵略者と戦ったのは10年前。いつまでもゴーオンジャーが戦い続けられる訳ではない。だから自分たちを倒して現代のバリア張ってるシステム諸々をやめさせるのは世界を滅ぼすに等しい…みたいなことを言ってくるんですよ。思いっきり元ネタの政治家がバレバレで怒られないの?って心配になるレベルの名前の敵が。

そこでレッドが出した答えは、やっぱり細かくはあんまり考えてなくて、でも30年以上続いてきた戦隊ものの象徴とも言えるようなものだったので、私はもう、やっぱり最高以外の言葉が見つからんのだった。

そんな感じで、炎神戦隊ゴーオンジャー、間違いなく精神衛生上にいい素敵な作品です。
現在期間限定公開中の映画は9月26日にブルーレイ&DVD発売予定!
本編作品はレンタルビデオ店でレンタルできるぞ!

ご興味のある方はぜひ!!

 

追記情報

今ならアマゾンビデオで視聴可能!!!!
https://www.go-onger-10years.com/digital
みんなーーー!頼みからみてーーーーーー!!!(ダイマ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です